【築地入船店】足先から頭まで、すっきり爽やかに♪~春キャンペーン~


みなさま、こんにちは。

 

春は新しい事の始まりの季節。
ぽかぽか陽気で過ごしやすい日も増えますが、
日毎に変わりやすい天気と環境の変化によるストレスが重なって、
頭痛や眠気で頭が重いという不調を感じやすい時期かと思います。

 

そんな方におすすめのキャンペーンをご用意いたしました。

 

春キャンペーン
整体50分+リフレクソロジー30分+頭ほぐし10分 合計90分 8,000円
                         キャンペーン期間:5月末日まで
29597513_1222383487898986_124915043083509423_n
※他の割引との併用は不可

 

リフレクソロジーで両足裏をしっかりと刺激し、その後整体で全身を整え、
最後はショートコースの頭ほぐしで仕上げます。

 

リフレクソロジーは足のお疲れだけでなく、
頭に気が行き過ぎてしまっている時にも受けて頂きたいコースです。

 

また、足裏への刺激はちょっと痛いけれどもリラックス効果も高く、
実際受けた方からも『痛いけれど眠ってしまった』というコメントを多くいただきます。

 

変化の季節、緊張が続いてしまった心と体をゆっくり休ませることが大切です。
全身+足先・頭の集中ケアでしっかりと心身を休め、春を元気に過ごしましょう。

 

さくら

 

 

【肩もみ館 神戸三宮店】ボディケアで春の変化の波を乗りこなしましょう


オーガニック整体院 肩もみ館 神戸三宮店です。

4月にはいり、新年度が始まりましたね。

就職、異動、入学・・・心機一転、新しい環境で新たなスタートを切られる方も多いかとます。

心も晴れ晴れ軽やかに新たな流れに乗れればいいですね。

でも、やる気があっても、なんだか身体がついていかない。

なんだかやる気自体が起きない。

頑張っているけれど、空回りしているような気がする。

 

など、新しい環境になんだか乗り切れないと感じておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

環境の変化、季節の変わり目など、4月~5月にかけては変化に心身が対応しきれず、

様々な不調となって表面化することも多い時期です。

 

人間の心身は、「変化」そのものが苦手です。それがどんなに良い変化であっても、

適応するまでにある程度、時間がかかります。

 

春の変化の波の中で心身のバランスを取るのが難しいな、と感じられた時は、

ぜひオーガニック整体院 肩もみ館のもみほぐしを受けてみてください。

身体のコリをほぐすことで、呼吸も深くなり、酸素が脳にしっかり行き渡ることで、

思考もクリアになりますし、コリがほぐれ、血流が良くなり、リラックスが深まることで、

メンタルストレスも自然に緩和されてゆきます。

 

新しい環境に適応するために、無意識に力んでしまっていたかもしれません。

そういう力みはなかなかご自分で気づかないことも多いです。

 

オーガニック整体院では、ボディケアを通して、不必要な力みを手放して、ここちよさの中でよりあなたらしい新たなスタートを切るサポートをいたします。

 

 

オーガニック整体院 肩もみ館 神戸三宮店

田中 朋子

■神戸三宮店 住所 〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通4-1-17 三宮稲垣ビル2階

■TEL 078-272-3456

■営業時間:11:00~22:00

■定休日:日曜日

■E-mail:sannomiya@organic-seitai.jp

【肩もみ館 神戸三宮店】春の野草の食用効果


オーガニック整体院 肩もみ館 神戸三宮店をご愛顧頂きまして、誠にありがとうございます。

 

3月20日は春分の日ですね。

この日を境に季節はもう冬に戻ることはないと言われています。

そこここに新緑が芽吹き、花々が咲きほころび、一気に春めいてきましたね。

桜の開花便りも聞かれるようになりました。

 

飯乏ふと我が来しかども 春の野に 菫摘みつつ時を経にけり ~良寛~

 

昔から日本では、春になると野山で山菜を摘み、食す習わしがあります。

では、春先の野草にはどのような効果があるのでしょうか。

うど・せり・ふきのとう・たんぽぽ・こごめ・よもぎ・つくし・なのはな・ぜんまい・・

 

春の野草は、ビタミン、ミネラルのほか、豊富な酵素を含んでいます。

野草の酵素は、冬の間に溜め込んだ老廃物を体外に排出し、脂肪を分解してくれます。

また、抗酸化、代謝・免疫アップ、老化防止・疲労除去・ガン予防にも効果があります。

さらには、野草の苦み成分であるタンニン・フラボノイドには、老化物質である活性酵素を

消去する働きがあります。

 

野草のおすすめの食べ方は、そのまま天ぷらに、また塩水でゆでて、水にしばらくさらして

あく抜きをした後、ゴマ油やバターで炒めたり、、ゴマ、みそ、しょうゆなどで和え物にしても

よく合います。

 

都会で暮らしていると、野草と言われても簡単に手に入らないかもしれません。

そんな時、おすすめの野草はよもぎです。

よもぎは野草の中でも特に豊富な酵素を含み、血液を浄化する作用があります。

よもぎが手に入らなくても、よもぎの葉を練りこんだ草餅などの和菓子などをお

やつに選ぶと良いですね。

 

春の野山の息吹を身体に取り込むことで、新しい季節を軽やかに、元気いっぱい迎える

準備をしてみてはいかがでしょうか。

 

オーガニック整体院 肩もみ館 神戸三宮店

田中 朋子

【肩もみ館 神戸三宮店】 春のキャンペーン


3月末~4月にかけて、会社では人事異動であったり、学校の卒業・入学、進級と
なにかとお忙しい日々が続くのではないでしょうか?

そんな忙しい季節に、お疲れを残さないためにも、
肩もみ館 神戸三宮店は『春のキャンペーン』としまして、
3/20(水)~4/20(土)ロングコースのキャンペーンを行います。

「肩もみ日本一コース』 又は 「深層筋リリースコース」

90分 通常7,500円 → 6,500円
120分 通常10,000 → 8,000円

※キャンペーン期間中は、何回でもご利用頂けます。他サービスとの併用不可

この機会にぜひ、肩もみ館 神戸三宮店にお越しください。
スタッフ一同、ご来店を心よりお待ちしています。

オーガニック整体院 肩もみ館 神戸三宮店

【コラム】季節の変わり目の過ごし方 冬から春へ


こんにちは。
麴町店の宇都宮です。
今日もまた寒いですね。

さて、いよいよ春になろうとしています。
三寒四温は三月が寒くて四月が暖かいではありません。注意してください。

そんな春になろうというこの時期は、
冬に冷たくて固まっていたものが、融けて緩んでくるのです。
地表が温められ、地中の水分が水蒸気となって地面が湯気が立っているように見えるのです。
若草や蕾がニョキニョキ出てくるように、人や動物、鳥や虫たちもニョキニョキ出てきてウロウロし始めるのです。
陰と陽に分けると、陽が強くなっていく時期です。
ちょっと浮足立った感じで、気が上がりやすく、頭痛やめまい、目の疲れやイライラ、のぼせ、疲れやすいなどがの症状が多く見られる季節なのです。
五臓六腑で言えば、「肝」と「胆」の季節です。
「肝」は血を造り、解毒をし、気を巡らし、「感情」にも深く関わります。
「肝」を伸び伸びと働きすぎない程度に働かせるのがよいのです。

では、そんな季節の変わり目をどう過ごせばよいのか?

中医学の古典中の古典、『黄帝内径』では、
春は多少遅く寝てもよいが早起きをし、庭を散歩しろ。
髪も服もゆったりとしたものがよい。
心もやりたいことを見つけ、それを育てるのが良い。
春に活動的にならないと、病気になってしまう。

とあります。

というわけで、色々踏まえて簡単にまとめると以下の通りです。

◆まだ寒いけど頑張って早起き
◆何か新しいことを始めてみようかななどとお風呂に入りながら思う
◆ゆっくり散歩で大地を踏みしめる(伸び伸びと。できれば午前中)
◆瞑想で静かな時間を持つ(フワフワしすぎてしまうのを落ち着かせる)
◆軽くストレッチをする(流れをよくする)
◆旬のもの、「肝」を労わるものを食べる(いわずもがな)

この中から、ストレッチを詳しく書きます。
先ほども書きましたが、春は「肝」と「胆」です。
人の体には経絡という気の流れの線があります。
「肝経」は、足の親指の爪の二指側から始まり足の内側を通ってお腹、わき腹まで。
「胆経」は、目じりから始まり、耳→側頭部を何往復かして→首→体側を通って足の四指の外側の爪まで。
この二つのラインを意識してストレッチします。
柔軟性を高めるのが目的ではなく、経絡を意識することを目的としています。
いずれも20秒を限度としてください。

まず、「肝」ストレッチ。
1.お腹を伸ばす
正座します。そのまま上体を倒して寝ます。
お腹が伸びればOKなので、寝られない人は、手で上体を支えて倒せるところまででよいです。

2.足の内側を伸ばす
1の状態から、正座をほどきます。仰向けで寝た状態ですね。
そうしたら片足を立てて、その足を内側に倒します。
これも倒れるところまででよくて、膝が付かなくてもOK、倒した側の腰が浮いてもOKです。
足の内側がストレッチされます。もう片方も同じようにやります。
親指の爪から内側通ってお腹までを意識してください。
膝は痛めやすいので注意してください。

次に「胆」ストレッチ
1.足先から脇の下まで伸ばす。よくあるストレッチなのです。
仰向けになります。両手は肩の高さで開いておきます。
片足を上げ、反対側に倒します。顔は足と反対側で、肩はなるべく浮かせない。
腰がひねられています。足の小指から脇の下までのラインを意識してください。
もう片方もおなじようにやりましょう。

2.体側を伸ばす。これもよくあるストレッチなのです。
足を開けるところまで開いて(無理はしない)座り、体側を伸ばすように上体を横に倒します。
手で上体をささえで無理のないところで。

3.首を伸ばす
首を横に倒します。手でちょっと負荷をかけてもよいですが、頭の自重だけでも十分です。
首は20秒もいりません。適当なところでOKです。

ストレッチが苦手という人は、ラインを指でなぞるだけでもOKです。
怪しくても、「肝経」「胆経」とつぶやきながらなでてみましょう。

次回は、春に食べるべき美味しい食べ物についてです。
お楽しみに。